• 大倉

一年の思い出

コロナ休校やらあれやらこれやらを乗り越えまして、当塾は開塾一周年を迎えることができました。ありがたいご支持を頂きました塾生や保護者様のおかげです。ありがとうございます。開業当時は授業もなく暇で、教室に寝袋を持ち込んで昼寝したりしておりました。現在寝袋は奥の方にしまってあります。出す暇がないのはいいことだと思います。


気温も徐々に春めいてきますと、去年の3月が思い出されます。生徒は3人でした。人数は少ないですが、地域ではまったく知られていない私のところに来て下さり、学校のことや地域のことをいろいろと教えてくれました。保護者様とも頻繁に言葉を交わし、成績も少しずつ上がりました。生徒は机に向かって一生懸命頭を使い、そんな生徒にどんな指導をするべきか、私も一生懸命頭を使いました。

そんな生徒の退塾手続きを、昨日終えました。卒塾というやつです。最後に保護者様から、通わせてよかったという言葉を頂いたときは、足の力が抜け、その場に座り込みそうになりました。まだ入試の結果は出ていませんが、これで私の仕事は終わりです。合格なら嬉しいですし、不合格なら申し訳ないですが、私の仕事は終わりました。この仕事を始めてかなり経ちますが、達成感よりも寂しさが勝ちます。

ですが、寂しい寂しいとメソメソしてもいられません。ありがたいことに生徒の人数も徐々に増やし、今では毎日慌ただしく過ごしています。こうしてまた一年が始まります。去年よりは間違いなく忙しくなります。生徒数が多かろうと少なかろうと、一人一人に対してすることは変わりません。目の前にいる生徒一人のために、今できる最善のことを考えて実施するのみです。

まとまりのない文章となってしまいまして、文豪としては恥ずかしく思います。当塾の現状はそんな感じです。


あ、春期講習生、新学期生募集してます。よろしくどうぞ。

最新記事

すべて表示

もう6月

一年も折り返しです。あっという間に感じるのは、私がおじさんだからでしょうか。年齢はいつも見て見ぬふりをしています。 高校生の1学期中間考査が終わりました。と思ったらもう一か月後に期末テストです。息をつく間もありません。テストとテストの間が一か月しかないのに、テスト範囲はなかなか立派なんですよね。大変です。 高1生は中学英語との違いに四苦八苦していることと思います。現在形で未来を表すこともあるとか、

梅雨入りと定期テスト

東海地方は今日梅雨入りしたそうです。観測史上二番目に早い梅雨入りだそうですが、さらに早い年があったことに驚いています。梅雨と言ったら6月のイメージがあるので、5月半ばに梅雨と言われると不思議な気分になりますね。 現在高校生は1学期中間考査の真っ只中にあると思います。特に高1生は、ついこの間まで高校入試に必死だったと思いきや、もう最初のテストです。いきなり躓かないように頑張りましょう。当塾は高校生は